吉川あいみテク

吉川あいみはAVデビューするまで男性経験は一人だけ!

rainbow

まだエクスタシーとオーガズムに達していないかも知れません

吉川あいみちゃんの処女は、17歳の時にバスケット部のキャップテンへ捧げたそうです。

その後グラドルを経てAVデビューするまで男性経験はこの時の一人だけ!と前書きが長くなりそうなので、2013年に発売され、セックスに目覚めた彼女の作品「吉川あいみ AV DEBUT」を紹介しましょう。

エピローグはインタビューから始まり、男優が入室して絡みへと進行していきます。

やはり爆乳が気になるらしく、オッパイから責めてきました。

肌色をした乳首が少しずつピンと立ってきて、マシュマロみたいな柔らかさを映しだしているのです。

前半は吉川あいみちゃんの爆乳を堪能することができます。

場面が変わり女子高生コスプレの彼女がベッドに腰かけていると、隣りに座った男優の手がビミョウな動きをみせてきました。

キスした後の照れ笑いが初々しいのですが、次第にディープキスへと変化していきます。

まるでキスのレクチャーを受けているみたいです。

柔らかい爆乳を揉みながら乳首を舐められると、幼さの残る顔が紅潮してきました。

キスしながらのM字開脚から指入れ、クンニされると今までのアエギ声とは違うのです。

彼女のフェラからは、丁寧に舐める一生懸命さが伝わってくるでしょう。

開脚正常位で合体すると、爆乳を揺すりながら泣き声みたいな萌え声を発しました。

さらに騎乗位から後背位へと進行していきます。

感じているのは分かるのですが、まだエクスタシーとオーガズムに達していないかも知れません。

おすすめサイト⇒http://www.ankarakuyumcu.com/